家庭教師の仕事とは

学習塾や個別指導塾が多くなってきている中で、家庭教師のニーズは未だに絶えることがありません。しかし家庭教師でも契約によって形態が変わってくることがあるので注意しなければなりません。例えば契約している形態によっては企業より契約した家庭へ派遣して授業を行う家庭教師だったり、個人で運営しながら申し込んだ家庭と直接契約を交わして授業を行う家庭教師といったものがあります。

それぞれ見ていくと、まず企業から派遣している家庭教師というのは、自分自身が家庭教師の派遣会社に登録しており、保護者からの依頼を受けた家庭へ赴いて面接を受けることになります。これで合格となると、晴れて家庭教師となって生徒の指導を始めていくことができます。一方で個人で運営しながら契約をしている家庭教師というのは、自分自身が家庭教師となって宣伝していき、直接的に保護者と家庭教師の契約をかわしていきます。

いずれも理想的な家庭教師と思われがちですが、生徒の紹介などによって雇われるというケースもあります。指導方法がとてもよかったり、丁寧に教えていきつつコミュニケーションも忘れないような家庭教師であれば、紹介して欲しいと口コミなどで広がっていきます。そして何より、生徒の成績アップが大きな成果となります。学校のテストで成績が良かったり、偏差値のアップに貢献できることでしょう。そこで理想的な家庭教師というのは何かを見ていきます。これを知っておくと、家庭教師に求めることが見えてくることでしょう。